《ビープラス札幌整体院》お身体のお悩みを根本改善

顎関節症は2人に1人が一生の間に一度は経験すると言われています

顎関節症の悩み
顎関節症は多くの人は症状が始まっても、あまり酷くならずに回復してしまいます。そのため人口の半分が経験する症状でありながら、あまり気にされていません。しかし中には「口が大きく開けられない」「顎関節辺りが痛い」「ガクッと言う音が鳴るのがいやだ」といった症状に苦しんでいる方もいらっしゃいます。
なぜそのように個人差があり、人によっては苦しまれるのでしょうか?

 

顎関節症とは?

顎関節症になると次の3つ症状のうち1つ以上の症状が現れます。

1.口を開けようとすると顎関節や筋肉が痛む
2.口を大きく開けられない
3.口の開け閉めで「ガクッ」「カク」などの音が鳴る。または「ザラザラ」というこすれる音がする

 

かみ合わせが悪いから?

この原因として「かみ合わせが悪い」からだ、と言う事を聞かれたことが多いと思います。
しかし現在の医学では、かみ合わせの悪さが唯一の原因である、と言う説は否定されています。
現在では複数の要因が複合的に重なって、その人の許容範囲を上回った場合に発生すると考えられています。
その一つとして、かみ合わせの悪さもあります。
他の要因には、関節や筋肉構造の弱さ、上下の歯を付ける癖、ストレスなど緊張の持続、等が上げられています。

 

顎関節症の症状で個人差があること

ここで、AさんとBさんのケースを比較してみましょう。

Aさんは関節が弱く、かみ合わせも良くない。スキーで転倒して下顎を打った。最近仕事が忙しくストレスを感じている。
Bさんも関節が弱く、かみ合わせも良くない。寝ているとき歯ぎしりをする。仕事のストレスは恒常的にあるが、酷くは無い。
このAさん、Bさんが顎関節症になった場合、Aさんは何もしなくても回復する可能性が高いのです。
つまり打撲という一時的な現象と、ストレスも一過性の場合、Aさんの許容範囲を下回ることが考えられるからです。
対して、Bさんは自己コントロール出来ない、歯ぎしりという癖を持っているため、長引くことが考えられるわけです。

このようにして個人差が生まれるわけです。

大通駅徒歩5分「ビープラス札幌整体院」 PAGETOP